大洋基礎株式会社

TAIYO FOUNDATION CO., LTD.

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

地盤改良

静的締固め二重管工法(TSCP)

二重管方式を利用した静的なエネルギーによる地盤締め固め工法

  1. ①機械
    セット
  2. ②二重管
    貫入後
    充填材
    補給
  3. ③逆転
    引上げ
  4. ④先端
    強制
    開放
  5. ⑤逆転
    引上げ
    充填材
    排出
  6. ⑥外管静止状態で内管による締固め
  7. ⑦充填材
    補給
  8. ⑧行程
    5~7
    繰返し杭を造成
  9. ⑨施工
    完了

TSCP工法施工管理システム図

工法の特徴
  1. 二重管方式を利用した合理的な締固めメカニズム。
  2. 低騒音・低振動。
  3. 打設ピッチの調整により、計画地盤改良効果が得られる。
  4. 広範な地盤に適用できる。
  5. 信頼性の高い施工・品質管理
優れた汎用性

充填材料として、砂のほかに、砕石、スラグなどの各種材料も使用できます。また、騒音・振動が非常に少ないため市街地においても施工可能です。

信頼性の高い施工管理と品質管理

砂充填図に示すように、施工管理計を用いて、確実で信頼性の高い施工を行い、造成杭の品質を確保します。

GL-0m SCP-径700 SD-径400 GL-14m TSCP工法オシログラフ 5m 9m
広い適応地盤

砂地盤、粘性土地盤、有機質地盤、岩砕地盤、火山灰質地盤、産業廃棄物地盤など様々な地盤に適用できます。

確実な杭造成

二重管方式により、充填材料を確実に締固めて、強固な杭を造成します。また、改良目的に応じて打設ピッチを調節することにより、必要置換率に適合した確実な施工ができます。

  • 充填材補給

  • 充填材投入

  • 施工完了

静的締固め杭出来形実測

戻る

大洋基礎株式会社 本社:東京都中央区日本橋小舟町3番4号

Copyright(C) TAIYO FOUNDATION CO., LTD. All Rights Reserved.