大洋基礎株式会社

TAIYO FOUNDATION CO., LTD.

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

会社沿革

  • 1934年(昭和9年)東洋コンプレッソル(株)横浜出張所所長 大平又太郎氏が独立、太洋組(合)設立
  • 1950年(昭和25年)東京太洋組の福井安太郎氏が大阪太洋組より独立、太洋基礎工業(株)設立
  • 1953年(昭和28年)大洋基礎(株)と社名変更
  • 1956年(昭和31年)山内 五鈴氏が社長に就任、コアードコンクリート杭工法の特許取得
  • 1963年(昭和38年)パックドレーン工法の施工実施権を取得
  • 1968年(昭和43年)イラク国バスラ肥料工場の基礎工事を担当
  • 1975年(昭和50年)一般土木工事に進出
  • 1976年(昭和51年)香港地下鉄工事の基礎工事を担当
  • 1979年(昭和54年)資本金2億5千万円に増資
  • 1983年(昭和58年)深層撹拌混合工法に進出
  • 1984年(昭和59年)WING工法(リバース拡底工法)、ACE工法(アースドリル拡底工法)を共同開発し、(財)日本建築センターより評定を取得
  • 1988年(昭和63年)NKTB杭、SKTB杭を共同開発し評定を取得
  • 1989年(平成元年)(財)土木研究センターとソイルセメント合成鋼管杭工法の共同研究開発に参加。礎産業(株)を設立
  • 1990年(平成2年)KKTB杭を共同開発し評定を取得。SENTANパイル工法の施工実施権を取得
  • 1992年(平成4年)入住 毅が社長に就任。東北営業所を新潟支店に改組
  • 1996年(平成8年)エポコラム工法(地盤改良)工事に進出
  • 1999年(平成11年)先端翼付き回転貫入鋼管杭「つばさ杭」(建設大臣認定)工事に進出
  • 2000年(平成12年)地盤の液状化防止対策(静的締固め工法)に進出
  • 2005年(平成17年)ネットワークドレーン工法の建設技術審査証明を(財)国土技術研究センターより取得
  • 2006年(平成18年)鋼管杭プレボーリング拡大根固め工法「SGE工法」(国土交通大臣認定)工事に進出
  • 2007年(平成19年)newACE工法を共同開発し(財)日本建築センターより評定を取得。静的締固め工法「SDP工法」の施工実施権を取得。
  • 2009年(平成21年)鋼管杭先端拡大根固め工法「SuperKING工法」(国土交通大臣認定)工事に進出
    KCTB杭を共同開発し(財)日本建築センターより評定を取得
  • 2014年(平成26年)引抜き軸力対応杭「Me-A 工法」を共同開発し、(一財)ベターリビングより評定を取得

戻る

大洋基礎株式会社 本社:東京都中央区日本橋小舟町3番4号

Copyright(C) TAIYO FOUNDATION CO., LTD. All Rights Reserved.